top of page

東京・帝国ホテルで展示会!

バツ

10 juil. 2023

帝国ホテルに3m×2mの作品2点落成

L’œuvre At the Edge a été commencée à Paris dans l’atelier de l’artiste, et terminée à Tokyo, comme une illustration du lien qui unit la France et le Japon.
Cette œuvre est le fruit de plusieurs rencontres entre l’artiste des associations japonaises s’occupant d’enfants au développement non standard. Leurs peintures ont été utilisées par l’artiste comme matière première. 247 morceaux ont ainsi été ajustés et assemblés pour donner vie à une immense forêt. On peut voir les signatures des enfants sur l’œuvre.
規格外の子どもたちが選んだ予期せぬ色の連想は、芸術の基本的な側面である他人の視線を恐れたり、教師や親を喜ばせたいという欲求から解放された彼らの創造性の豊かさを反映しています。

この作品を見ると、子どもたちが絵を描きながら感じた、限りない喜びを感じることができます。最終的な構図では、芸術家は逆説的に木々が意図的に存在しない森を表現することを選択しました。木の隙間だけが表現されており、空洞になっているように見えます。これは、たとえ彼らが世界の多様性と豊かさの一部であるにもかかわらず、私たちが隠したり無視したりするこれらの子供たちに対する私たちの見方の寓話です。

私は、この並外れた子供たちについて、彼らに欠けているもの以外の方法で話したかったのです。むしろ、彼らが「標準的な」人々よりも優れていることによって。

たとえば、彼らの創造性、他人の視線を恐れないこと、制約されることなく喜びや驚きを経験する能力などです。彼らが絵を描いている間に経験した幸福を超えて、この作品はこれらの能力を明確に示しています。

作品には子供たち一人一人のサインが入っているのはこのためであり、この作品は、東京・帝国ホテルで開催された「世界最大の絵画 – パリ2024」プロジェクトの名誉ある発足式典で初めて公開された。アース・アイデンティティ・プロジェクト財団。 »



bottom of page