top of page

日本のニュース

日本のニュース

25 avr. 2023

アコーメルキュールホテル横須賀 フランス人アーティスト、ポーリーヌ・トリブーの作品展「ヴェルニーの航跡を追って」開催

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000052177.html

アコー


【メルキュールホテル横須賀】フランス人アーティスト、ポーリーヌ・トリブー展「ヴェルニーの航跡を追って」が開催中


期間:2023年4月22日(土)~2023年5月7日(日)



フランス海軍哨戒フリゲート艦「プレレアル」の横須賀寄港に合わせ、フランス人画家ポーリーヌ・トリブーの展覧会『ヴェルニーの航跡を追って』が4月22日(土)より、神奈川県横須賀市のメルキュールホテル横須賀で開幕する。やってる。この展覧会は、在日フランス大使館の後援により、明治初期に横須賀に日本初の近代造船所の建設を指揮した海軍技師、フランソワ・レオンス=ヴェルニーの功績を称えるものです。 「ヴェルニー」の名前は横須賀の歴史とともに今も地域に根付いており、「ヴェルニー公園」として憩いの場やイベントの開催など様々な機会を提供しています。


【写真1】


(C)ポーリン・トライボウ


今回は、パリから来日し、自身も海軍技師であるポーリーヌ・トリブーが、長年にわたる船舶の乗船と建造の経験からインスピレーションを得た厳選された新作を紹介します。同時に、海からインスピレーションを得た多くの日本のアーティストにも敬意を表します。


【写真2】


(C)ポーリン・トライボウ


ポーリン・トリブードについて


1979 年にパリで生まれたポーリーヌ・トリブーは、代々芸術家の家系に生まれ、潜水艦の技術者です。アクロバット飛行のパイロットとして活躍し、2015年からパリで絵画作品の展示を行っている。現在はパリのネッケル広場向かいの素晴らしい場所に自身のアトリエ兼ギャラリーを構えている。


ブレストのフランソワ・ヴェルニー通り学校で技師として学んだフランス海軍技師としての15年間の経験は、彼の絵画に大きな影響を与えています。これまでに自然、人体、抽象などをテーマに数多くの絵画を制作している。 【写真3】


フランスの画家ポーリーヌ・トリブー


彼女には 4 人の兄弟姉妹がおり、全員が海外のさまざまな大陸で活躍しており、国際的なセンスを持っています。そのうちの一人、私の兄は東京に住んでいます。彼は日本とその豊かで奥深い日本文化への扉を開いた。探究心を磨くことができたと言えます。

bottom of page